おせっかいで勘違い

とある合コンへ行ったときのお話しです。
私の立ち位置としては「副幹事」という雰囲気だったと思います(笑)

私の気質として「楽しくなさそうな人」につい目が行ってしまうのですが、中に1人黙々と飲んで食べて・・・をしている男性がいたんです。
少し話しかけてみると、どうやらシャイで人見知りな彼。

周りを見渡すとそれぞれがその場を楽しんでいる感じがしたので、私はそのシャイな彼に話しかけていました。
返事は「はい」だけのものから少しずつではありましたが、話をしてくれるようになりました♪
帰り際「楽しかった」と私に言ってくれていたし、素敵な出逢いは無かったかも知れないけれど、楽しんでもらえてよかった(´∀`)
そんな気持ちで居ました。

そして数日後。
「○○君て覚えてる?」と女友達。
そのシャイだった彼の名前でした。私は頷きました。
すると
「好きなの?」と一言。
え?
何で?
私は慌ててしまいました(;´∀`)

事情を話すとナルホドという顔をしている女友達。
どうやら私の「気働き」も行き過ぎてスッカリ彼に「好意をもってます」とアピールしたように受け取られてしまったようなんです(ノ∀`)
友達からそれとなく「好きな人居るみたいだし違うんじゃないかな」と言ってもらったのですが・・・。
出すぎてしまった自分に反省しました。
そして何よりも、勘違いさせてしまった彼と手を煩わせてしまった女友達に申し訳なく思いました(・ω・;A)